事業計画書の作成代行サービス

yushi_main

 

弊所の事業計画書の作成代行サービスのご案内はこちら

 

cube01-012 起業したばかりの会社には事業計画書しかない!

 

金融機関が融資の可否を判断する際に、最も重要視するのが「決算書」です。この内容をもとにして、融資申請額に対する融資が可能であるかどうかを審査します。

しかし、設立したばかりの会社、あるいはこれか設立する会社にはまだ決算書がありません。この場合、創業融資においては「事業計画書(創業計画書)」を分析して、融資できるかどうかが判断されます。

どの程度の売上が見込めるのか、返済予定金額以上の利益をあげられる計画内容となっているのか、始めようとする事業に具体性があるのか、などが総合的にチェックされ、融資するお金がきちんと返済されるかどうかを検討するのです。

これから始める事業ですので、その事業が成功するかどうかは誰にもわかりません。だからといって、適当な事業計画書を作成して金融機関に提出したところで融資はおりません。

未来のことで予測が難しいことであっても、きちんと論理を構成し根拠立てて、「必ずこの事業は成功する」といった思いを事業計画書を通して、金融機関の担当者に伝える必要があります。

 

cube01-012 事業計画書の作成代行を利用することのメリット

 

創業期は資金調達ももちろんですが、創業者であるあなたは他にもたくさんのやらなければならないことが多くあると思います。事業計画書の作成には多大な時間を要します。また、提出すべき資料もたくさんあり、一旦はご自身で融資申請をしてみようと思いながらも、挫折してしまう方も少なからずいらっしゃいます。

事業計画書の作成代行を利用することで本業に集中できます。また、弊所が関わらせていただくことで、ご自身の事業を客観視することができる機会でもあります。

 

 

cube01-012 事業計画書の作成代行、お任せください!cube01-012

contact
Copyright© 2013 創業融資サポートPRO埼玉 | 起業・創業の融資をサポート All Rights Reserved.
Top