埼玉県の制度融資について

 

創業期に使える融資の仕組みの1つが制度融資です。

ここでは埼玉県の制度融資について、ご説明致します。

 

 制度融資とは

 一般的には、都道府県や市区町村の地方自治体と信用保証協会や銀行など金融機関の三者が協力して、公的な資金を貸し出す制度での融資のことをいいます。地方自治体は銀行などの金融機関に貸付用の資金を預け、その公的資金を銀行や金融機関が中小企業や起業家に貸付けることになります。財務基盤が弱かったり、実績の乏しい中小企業や起業家は通常の融資が通りにくいという現状があります。そこで「信用保証協会」が中小企業や起業家の信用を保証することを条件として、金融機関はこの制度融資を実行します。

 

融資の申込先は、主に商工会議所や商工会が窓口となります。

 

埼玉県制度融資のしくみ

埼玉県制度融資の大まかなしくみは、下記の図のようになります。

制度融資のしくみ

 

 金融機関は中小企業事業者に融資をします。そのときに信用保証協会がその融資に信用保証を行います。この信用保証を受けることで、中小企業事業者は信用力が増し、融資の実行が円滑に進みます。また、埼玉県が金融機関に対し利子補給を行うことで、県の定める低い利率で融資を受けることができるようになります。万が一、中小企業事業者が借入金を返済できなくなった場合、信用保証協会はその中小企業事業者に代わって金融機関に返済を行います(代位弁済=赤い矢印)。埼玉県は、代位弁済により信用保証協会が被った損失の一部を補填しています(損失補償)。これが制度融資の仕組みとなります。

 

信用保証協会ってなに?

 信用力に乏しい中小企業が銀行から事業資金の融資を受ける際には、通常の場合、保証人や担保を提供しなければなりません。信用力に乏しいわけですから、保証人となってくれる人を探すことは非常に困難であるといえます。信用保証協会とは、このように保証人を見つけることが困難な中小企業事業者のために、あなたの会社の保証人になってっくれるというわけです。万が一、事業者が借りた融資金を返すことができなくなったら、信用保証協会が事業者に代わって金融機関に返済をしてくれます(代位弁済)。しかし、その場合においても決して事業者の借金が免除されるわけではなく、代位弁済のあとは、信用保証協会との間で新たに返済計画を立て、時間をかけてでも必ず返済をしなければなりません。

 

埼玉県制度融資の特徴

 金利が低く、全期間が固定金利であること

金利は年1.1%~年1.9%以内の間で設定されています。融資実行時の金利が、返済の終わるときまでずっと変わらないので、金利変動の心配がいりません。

※一部、金融機関所定金利適用の場合もあります。その場合において変動金利となることもございます。

※融資の実行時には、別途信用保証料が必要となります

 長期間の借入れが可能であること

 設備に使用する資金は最長で15年(通常は10年)、運転資金は7年まで利用が可能。

 

 無担保・第三者保証人が不要

 ほとんどの資金が、制度上、担保や保証人が不要です。

 また、実際に融資を受けた方の9割程度が無保証・無担保で融資を受けています。

 

埼玉県の起業家育成資金

埼玉県では起業家育成資金として、創業期に利用できる制度融資が二つあります。

 

① 新事業創出貸付 ⇒ くわくしはこちらから

② 独立開業貸付 ⇒ くわしくはこちらから

contact
Copyright© 2013 創業融資サポートPRO埼玉 | 起業・創業の融資をサポート All Rights Reserved.
Top