創業融資について

創業間もない経営者のために設けられた融資制度、それが創業融資になります。

ここでは、創業融資がどんな融資制度なのか、何故創業融資を受けたほうがよいのかについてご説明させていただきます。

 

 創業融資とは

「創業融資」とは、一般的には次の二つを総称したものです。

この創業融資の特徴としてあるのは、基本的に担保・保証人は不要で企業の実績もいりません。低金利で事業資金としては長期の返済が組むことができ、元金返済の据置期間を設定することができます(1年程度)。

通常の融資制度では、会社の信用力(実績や売上など)を審査して融資の可否が決まります。

しかし、創業仕立ての会社や個人事業主は信用力がないなかでスタートしますので、本来であれば、会社の信用力(実績や売上など)を審査して融資の可否を決する金融機関は、創業したての会社や個人事業主についての審査ができません。

しかし、それでは、創業したての会社や個人事業主は融資を受けることができません。

そこで、国をはじめとした自治体などが創業者向けの融資制度をつくったのです。

それが創業融資になります。

 

創業融資の種類

① 新創業融資 ⇒ 新創業融資の内容についてはこちらへどうぞ

② 制度融資 ⇒ 制度融資の内容についてはこちらへどうぞ

 

融資を受けるメリット

創業仕立ての会社や個人は本来融資を受けることは難しいとお話いたしました。理由は、信用力がないからでした。では、逆に考えてみますと、融資を受けている=金融機関は信用力があると判断したということになります。

 

そうなんです!

 

融資を受けているということは、社会的な信用の1つとして扱うことができます。

このようなメリットも実は、融資にはあります。

 

創業融資がオススメの理由

ここまでのお話で、融資を受けるためには信用力(実績や売上など)が必要ということはご説明いたしました。

融資を受けるタイミングはいろいろな時期があります。

創業の当初や事業拡大を図るとき、事業が衰退しているときなど様々です。

日本政策金融公庫の新創業融資について申し上げれば、事業開始後税務申告を2期終えていない方であれば、創業時でなくとも利用することが可能です。このことから、経営者の中には融資が必要になったら申請をしようとお考えになる方が多くいらっしゃいます。

しかし、その融資が必要な時期に、融資を受けられる保証はどこにもございません。

事業がうまくいっている場合は金融機関から融資を得ることは容易でしょう。逆に、もし事業がうまくいっていない場合、金融機関は実際の売上や財務状況から判断して融資することをためらうでしょう。

創業時は当然に、前年の実績は「0」です。事業計画において売上は前年対比100%、つまり右肩上がりです。現実的でしっかりとポイントをおさえた事業の計画であれば、金融機関からの信用を得ることができ融資を受けられる可能性が広がります。(もちろん事業計画のみで融資の可否が決まるわけではありません)

実績が良くも悪くも出ていない創業期が融資を申請する実はベストタイミングの1つなのです。

contact
Copyright© 2013 創業融資サポートPRO埼玉 | 起業・創業の融資をサポート All Rights Reserved.
Top