埼玉県の新事業創出貸付(起業家育成資金)

埼玉県の起業家育成資金のうち、新事業創出貸付についてのご案内です。

 

この資金の特徴

icon_4b_64 新規開業者向けの利率の低い資金です。

icon_4b_64 開業前の方から開業後5年未満の方まで利用できます。

  (ただし、個人事業主から法人成りした場合は利用できません)

icon_4b_64 開業前の方は、手持ちの自己資金の額まで融資を受けることができます。

 

次のような方におススメです

■ 開業前だが融資の申し込みをしたい。

※ただし、融資実行後1カ月以内に個人事業を開始、または2カ月以内に会社の設立が必要です。

 

■ 手持ちの自己資金で開業に必要な経費の50%を賄うことができる。

※廃業経験があり、再挑戦支援保証を利用し新たに開業する方は、開業に必要な経費に占める自己資金の割合を問わず、前向きな事業計画でもってお申込みいただけます。

 

融資条件

 【設備資金

限度額        1,500万円(設備・運転併用の場合は、合計で1,500万円)

利率(5~10年)  年1.1%以内

 〃 (3~5年)  年1.0%以内

 〃 (1~3年)  年0.9%以内

期間・償還方法   1年超10年以内(据置1年以内、元金均等月賦償還)

担保         不要

保証人        個人;原則不要、

           法人;原則代表者が連帯保証人

信用保証料        付する(保証料 年0.80%以内)

※ 再挑戦支援保証を利用する場合は、いずれも1,000万円となります。

 

 

 【運転資金

限度額        1,500万円(設備・運転併用の場合は、合計で1,500万円)

利率(5~10年)  年1.1%以内

 〃 (3~5年)  年1.0%以内

 〃 (1~3年)  年0.9%以内

期間・償還方法   1年超7年以内(据置1年以内、元金均等月賦償還)

担保         不要

保証人        個人;原則不要、

           法人;原則代表者が連帯保証人

信用保証料        付する(保証料 年0.80%以内)

※ 再挑戦支援保証を利用する場合は、いずれも1,000万円となります。

 

融資対象者

新事業創出貸付(起業家育成資金)は、次の1~8までのすべてに該当する必要があります。

1.次の区分のいずれかに該当する。

① 開業前(次のアからウのいずれかに該当し、事業を開始する具体的な計画を持つ。)

ア.事業を営んでいない個人で、1カ月以内に事業を開始する。

イ.事業を営んでいない個人で、2カ月以内に会社を設立する。

ウ.中小企業である会社が、事業の全部又は一部を継続しつつ、新たに会社を設立する。

② 開業後(次のアからウのいずれかに該当し、事業を開始または会社を設立して5年未満。)

ア.事業を営んでいない個人が新たに開始した事業である。

イ.事業を営んでいない個人が設立した会社である。

ウ.他の会社が、事業の全部又は一部をを継続しつつ、新たに設立した会社である。

③ 再挑戦支援保証利用(次のア、イのどちらかに該当し、かつ①又は②のア、イのどちらかに該当。)

ア.過去に自らが営んでいた事業をその経営状況の悪化により廃止してから5年未満である。

イ.過去に経営状況の悪化により解散した会社の当該解散の日において業務執行役員であり、解散

  の日から5年未満である。

2.信用保証対象業種を県内で開始しようとしている、又は営んでいる。

3.納期が到来している場合は、事業税等を滞納していない。

4.事業に必要な許認可等を取得している。

5.信用保証協会の保証を受けて金融機関からの融資を受けている場合は、当該金融機関に対する償還に延滞が

なく、かつ、信用保証協会の代位弁済による求償債務を負担していない。

  (再挑戦支援保証を利用する場合を除く。)

6.信用保証協会の保証残高が、保証限度額を超えない。

7.手形交換所等の取引停止処分中でない。

8.反社会的勢力等でない。

 

以上、ご利用条件にあてはまる方で、融資をご検討の方は、ぜひご相談ください! 

contact
Copyright© 2013 創業融資サポートPRO埼玉 | 起業・創業の融資をサポート All Rights Reserved.
Top