日本政策金融公庫の創業計画書に込める熱い思い

「あなたは何故、起業するのですか?」プレゼンテーション

日本政策金融公庫の創業計画書には、実はこの「何故」について情熱がなくてはなりません。理屈的な部分もありますが、やはり創業者=起業家として自分で事業をおこすのであれば、他者にはないアツい思いがあるはずです。

 

日本政策金融公庫は「人に融資をする」のです。・・・これでは何のことかよくわかりませんね。

 

具体的に申しますと、銀行は通常、会社の決算書や個人事業主の確定申告書などの数字をもとに融資実行の可否を判断します。いわば「実績に対して融資」をするのです。

 

しかし、日本政策金融公庫の新創業融資を申請する時点、つまり創業期には実績となる数字がありません。その時期にあるのは起業家としての情熱と過去のご自身の経験だけです。この情熱と培ってきた経験を、創業計画書として提出することで日本政策金融公庫は融資の可否を判断します。これが「人に融資をする」という意味合いです。

 

では、ご自分の事業に対する思いだけど書けばよいかというとそうではありません。日本政策金融公庫の創業計画書は、融資担当者のみならず、最終的に融資の可否を判断する決裁者も見ることになります。融資担当者とは面談があるので言葉として情熱を伝えることができますが、決裁者のもとには創業計画書という書類が回るだけです。ですから創業計画書を通して情熱を伝え、客観的な説得材料をもって自分の事業が成功へと向かうプロセスを伝えなければいけません。

 

そのポイントを見ていきましょう!

 

 時代背景など

point01_r2_c2 市場規模について

point01_r2_c3 競合について

point01_r2_c4 事業を始めるあなたの強み

point01_r2_c5 代表者の人柄や経営者としての心得

 

 

お問い合わせ

 

 

contact
Copyright© 2013 創業融資サポートPRO埼玉 | 起業・創業の融資をサポート All Rights Reserved.
Top